R18表示 Off On

誰がために雷鳴はなる

サークル名 :
作家
専売 全年齢 女性向け 予約受付中

アイテムコード: 040030774452

  • 747円 (+税)
カートに入れる(予約)
:在庫あり
ワンクリックで今すぐ買う
毎度便
2019/10/31
定期便(週1)
2019/11/06
定期便(月2)
2019/11/05

「おまとめ目安日」は「発送日」ではございません。予めご了承の上、ご注文ください。おまとめから発送までの日数目安につきましては、 コチラをご確認ください。

サークル名 はぜのき
作家 真くん
ジャンル/サブジャンル 鬼滅の刃
メインキャラ 我妻善逸 宇髄天元
発行日 2019/09/15
種別/サイズ 同人誌 - 漫画/ B5 24p
初出イベント 2019/09/15 日輪鬼譚 4
作品キーワード:

商品情報

コメント

柱稽古中の時間軸で、善逸と宇髄さんと、かの人のお話です。暗めポエム本です。

商品紹介

サークル【はぜのき】がお贈りする“日輪鬼譚 4”新刊は、
柱稽古中の時間軸でお届けされる、善逸と宇髄さんと、かの人のお話。
[鬼滅の刃]我妻善逸+宇髄天元本『誰がために雷鳴はなる』がお目見えです。

≪ 兄だと慕った相手は鬼となり 師とあおいだ相手は自ら痛みの中で命を絶った ≫

鬼となった獪岳に激しい怒りと憎しみ、そして殺意が心の中で溢れ煮えたぎる善逸。
恩師と兄弟子を脳裏に思い浮かべ一人訓練に打ち込む善逸だが、
宇髄の声かけにより今まで止めていた息を噎せ返りながらも吐き出した。

なぜ宇髄がここにいるのか疑問に思う善逸だが、彼は柱稽古の件でこちらに出向いていたという。
しかし善逸には宇髄の相手をしている暇はないと言い切り……

(炭治郎が禰豆子ちゃんを守るように 俺もやらなくちゃいけない)

獪岳への激しい怒りに燃える善逸。そんな彼の姿に宇髄は何を思うのか?
シリアスな雰囲気で綴られる、二人の心の内側や距離間にご注目な一冊です。
気になる続きは、是非お手元にてご覧くださいませ。

注意事項

返品についてはこちらをご覧下さい。
お届けまでにかかる日数についてはこちらをご覧下さい。
おまとめ配送についてについてはこちらをご覧下さい。
再販投票についてはこちらをご覧下さい。